理系男子の結婚観

理系男子で結婚を考える時に大事なことですが、家庭はとても大事です。理系男子は結婚すればイクメンになるといわれていて、子ど建て、家事に協力的理系男子が多くて、結婚したい相手として人気があります。ですが、時に研究忙しあったり、仕事没頭してしまうことがあって、こうした時ほかのこと考えられませ。職場にこもったり自分の書斎こもったり、この部分理解してもらえなくては、結婚生活難しいと思っています。また理系男子は恋愛興味なさそうといった印象が強いですが結婚は幸せなものと感ゲル人が多くて、仕事柄あまり人と関わらなかったり、ずっと肩ひじ張って仕事してることが多いです。常になにか考えていたりすることがおおく、研究したりもの作ったり、新たなこと生み出したりゴール見えないものを追い続けてる人が多いです。そうした時家でいたわってくれる奥さんいることを心から幸せと思ってる人が多いです。仕事理解してくれる奥さんいることにより感謝してくれるハイスぺ理系男子がいます。そして、理系男子は浮気をしない、面倒くさい人間関係も嫌で恋愛に対して欲はそこまでないです。一人の人と落ち着いた関係のをのぞみ、浮気する可能性がほぼありません。そして理系男子狙ってる女性が誓うにいれば誰よりも警戒するのは本院で、色気など向けられれば壁を作ってとても安心できます。そうした誠実なところに女性は惹かれるのです。そして、理系男子の良いところは知的なところで、メガネかけ目を細めながらパソコンとにらめっこしてる姿女子もきゅんとしてしまいます。知識が多くて、パソコンお使い方などフォローされたりすれば、ときめきます。自分より知識があり、仕事もできる知的男性に惹かれる女性が多いのです。また、理系男子は自分も一人の時間大事にしており、相手の一人の時間も大事にして、お互い楽しくいられる関係を求め自分お価値化のしつけることがないです。そして付き合うまでそうした部分をクリアしており、世間でかわいいから何となく等で付き合う方が多く、付き合ってから価値観すり合わせるのが大変ですが、理系男子は、付き合ってからお互い楽しいことを優先します。

 

 

理系男子の結婚についてですが、コミュニケーション力の低さは女性関係以外に社会出た時に支障をきたすものです。浮いた存在であったり、相手されなかったり。これに対してとうの本人はコミュニケーション求めないことがおおく、相手にされないことがちょうど良かったりします。女性関係になればいい方向動くわけないです。そして出合いない環境いたこともコミュニケーション力低さに大きい影響をあたえてます。コミュニケおーション力高める練習の場がないのです。そして出合いないことの弊害になるのは服装、清潔感のとぼしさです。出合いないゆえ、服装など気にしなくなって、彼女いれば、いろんなアドバイスを指摘してくれたりします。出合いある環境なら、ちょっとでも女子の目引こうと努力します。ですが、そうした環境ではなく、おしゃれに無頓着になります。不潔とまではいわないですが、女子求める服装にほどとおいものになります。そして周りは似たよう男子が多くいて、こうした服装、清潔感でも浮いた感じにならないので、これ基準になってしまうのです。そして、理系男子は大学で理系専攻してる男性ですが、イメージとしては理系男子はがり勉でコミュ障と言われたりします。いつも勉学に励んで、人と会話するより研究することをこのむとされます。理系男子はプライド高い人が多くて、頭よく自分で勉強などをしてきて、仕事もできる人が多く頑張って成果をしっかりだしてる自分にプライドあります。そのためなにも頑張ってない人、ただ何となく楽しんで生きる人をみれば、くだらないと思ったりします。そして、理系男子は完ぺき主義なことが多くて、データ、数字を信じてる分完璧な状況にしやすいのもあります。そして、完ぺき主義すぎれば、細かな部分きにするより、効率、スピード考えたらやっかいになります。仕事など確認作業あれば、完ぺき主義ならいいですが、雑務までに完ぺき主義となれば、仕事する時間が減ってきたりします。

タイトルとURLをコピーしました