理系男子 結婚

理系男子との結婚を考える時に、理系男子は細部までしっかりこだわって計画通り何事も遂行しようとします。とにかく数字にのっとり物事を進めるのです。そのためにイレギュラーなこと起きたるすれば融通きかないで対応でいないこと上がります。そして規則、ルール縛られて、新たな考え方、やり方受け入れられないこともあります。そのため融通きかないで出遅れることがあります。いつまでも古い考えにとらわれれば、効率悪くなって、時代に合わなくなります。今まで通り、言われた通りも大事ですが、新たな価値観、視点も同じぐらい大事なのです。そして、理系男子は集中力あって、気になること、自分がやるべきことはとても集中力発揮して何時間でもやり続けられます。研究するタイプの理系男子は何時間、何日でも同じことをやり続けます。没頭して気づくと朝だったなどもよくあります。几帳面でスケジュール管理しかk理してる一面ありますが、自分の興味あることに関して常軌いっした集中力を見せます。そして、理系男子は感情論が苦手で、常に冷静沈着に物事見て、頭でいろんなことを考えてます。何か不足事態が起きてもパニックにならず冷静に分析したりして、これまでのデータもとに対処をするのです。そして、何より優先されるのが仕事で忙し時、仕事のことしか頭になくプライベートは二の次です。友人、恋人の優先順位はおのずと低くなります。1に仕事、2に体調管理、それ以外余裕あれば、というスタンスなのです。そして、理系男子は細部まで手を抜かない人が多く、掃除、細かい作業などおおいです。好きな作業でなくても一生懸命にやり遂げます。ほかの阿多たちは面倒くさいといったことでもまじめな人は真摯に取り組むのです。やりたい、やりたくない、好き、面倒くさい等そうしたことは関係ないです。やるべきことしっかりやってるだけです。そのため几帳面な人からすれば整理整頓が得意だねといわれると心外だったります。当たり前のことをしてるだけと思ってる方が多いです。

タイトルとURLをコピーしました