理系男子が恋愛で不器用な理由は

理系男子は、もちろん個人差がありますが恋愛に対して不器用な人が多いです。
興味がないというわけではなく、どうしていいのか分からないというのが正直なところでしょう。
頭はいいかもしれません。
だからといって、それが恋愛に生かせる人もいれば、全く生かせない場合も珍しくないのです。

もしかしたら、思ったかんじと違うと思うようになる人もいるかもしれません。
ですが、理系男子は恋愛に不器用な人が多いというのを分かっていれば、そういったギャップもないかと思います。
むしろ、頭がいいと思っていた人が恋愛に不器用というのを知り、いい意味でギャップを楽しめるかもしれません。

ですが、相手が恋愛に不器用となると、こっちとしてはあることを覚悟しなければならないかもしれないのです。
それは、自分がリードをするということです。
理系男子はそもそも頭が良いので、自分が何をしたらいいのか、恋愛はどんなものなのか分かれば、そこから先はスムーズだと思います。
ですがそもそも、自分がどうするべきなのか一切分からないままということも、十分にありえるのです。
それが分かったとき、相手は自分がリードをすることを悟らなければなりませんし、悟るだけではなく行動することが必要となってくるのです。
恋愛ではとにかくリードされたいという人もいるかもしれませんが、あまり期待しないほうが良いかもしれませんね。

ただ、理系男子は恋愛に不器用かもしれませんが、その不器用さを楽しめるようになったら、とても楽しいと思います。
相手には恋愛に慣れていてほしい、リードしてほしいという人もいます。
ですが逆に、あまりこなれていてほしくない、むしろ自分のほうがリードをしたいという人だっています。
そういう人には、理系男子との恋愛は向いているかもしれません。

最初はもしかしたら大変かもしれませんし、理解できないこともあるかもしれません。
ですが慣れてくれば、むしろとても楽しい恋愛ができると思います。

タイトルとURLをコピーしました