理系男子の好きのサインとは

なかなか「好き」を言葉にしてくれない理系男子。女子としては相手の気持ちがわからず、不安を感じてしまうのではないでしょうか。そこで、理系男子の「好き」のサインを紹介します。相手の気持ちを理解する目安にしてみてください。

●いつの間にかそばにいる
気がついたらそばにいる、それはあなたのことを好きなサインかもしれません。
嫌いな人のことは自然と避けてしまいます。反対に好きな人とは、いつでも一緒にいたくなります。いつの間にかあなたのそばに理系男子がいるなら、あなたに好意を寄せている可能性があります。

●目が輝いている
興味があることを話しているとき、人の目は輝きます。趣味のこと、今日あったことなど、好きなことを話している子どもの目はキラキラ輝いていますよね。大人になっても好きなことを話すときには、目が輝くことに変わりありません。
好きな話題に関すること以外で普段の会話でも目が輝いているなら、あなたに興味がある可能性があります。好きな人を目の前にして、目が輝くのです。

●以前に話したことをよく覚えている
理系のことに夢中になっている男子は、普段の会話内容を覚えていないことがあります。しかし、以前に話したことをよく覚えているなら、そのことを話した相手のことに興味を持っている可能性があります。
勉強でも興味があることならよく覚えていられることと同じように、興味がある相手の話ならよく覚えていることができます。

●こまめに連絡をくれる
好きな人とはいつでもつながっていたいし、たくさん会話をしたくなります。また、直接会って会話をするのは恥ずかしいので、LINEなどを使うこともあります。嫌いな人とはできるだけ距離を取りたいので、用事がないのに連絡をすることはありません。
LINEやメールでこまめに連絡をくれるなら、好きのサインの可能性があります。些細なこと、会って話せば済むことでもLINEやメールを使って連絡してくれるなら、その可能性が高いです。

タイトルとURLをコピーしました