理系男子に好かれる方法とは

理系男子に好かれるには、どうすればよいかですが、多くの女性陣の方は理系の男性とお話をする際頭が良くないといけないのではないか、頭が良くなければ交際が続かないのではないかと思われる方が多いです。しかしながら、実はそうではありません。理系男子の多くは、意外と文系である女性を好む傾向が多いです。何故なら、理系男子は自分の話を聞いてくれた上で意見をして貰うことが出来る方や疑問に思ったことを口にする方を好みます。これは多くの科学者の方の奥様が同様にお話を聞いた上で疑問を持ちその疑問の説明を求めたことから恋愛に発展していることが多いです。逆に理系同士ですと、同じ専門分野や異なる分野においても自分の明確な考えが強く出てしまい意見が反発することが多いです。

つまり理系の女性と男性がお付き合いをして失敗をするのは、お互いの意見の中で譲れない物がありぶつかることで好かれる状態であった状態から嫌われる状態へと変化するのです。ただし、文系の女性でも否定的な意見を言う方や自分の考えを曲げない方と言う方もいます。そうした方の場合、理系男子から見ればあまり好ましくない異性であると言えます。

何故なら、どちらかが上であるという口論に発展しやすいのはお互いが譲らない場合に起きる問題です。その上で文系の女性でも、相手の方を起てないかつ自分の主張が正しいと言い切れる方は嫌われる傾向にあるのです。理系男子に好かれたいのであれば対等な目線に立ちかつ、自分が正しいと言い切る場合根拠を示すことが望ましいです。理系の男性の方は根拠でかつ証拠を望みます。この証拠と根拠があれば相手の方を説得し自分の正しさを示せますがそれすらしない方はまず、理系の男性以外でも恋愛においてはお付き合いをすると好かれることは無いです。

本当に人に好かれたいのであれば理系や文系の男性問わず、重要となるのは相手の主張を聞き理解し、意見したうえで納得することが重要で、反発ばかりしていてはまず好かれることは無いです。聞き上手な女性が好かれる由縁はここにあり、お話を聞いた上で意見し納得してお話を終えることが出来るが故、好意を持ってもらいやすいのです。それを応用すれば、理系男子に好かれることは可能となります。

タイトルとURLをコピーしました