理系は大学院進学と就職。どちらを選ぶべき?

理系大学の3年の冬になると、必ずこういう話が出てきます。

理系大学生の永遠のテーマかもしれませんね。

僕自身は就職でしたが、友人の多くは院進学を選びました。

100人あれば100通りの答えがあると思います。

色々な考え方と、それぞれのメリット、デメリットを載せたので参考にしてみてください。

 

 

理系は大学院進学と就職。それぞれの考え

院進学を選んだ友人の考え

・就職活動したけど、学生じゃ相手にされなかった。

・研究職につきたかったから。

・就職したい企業が、院生しか採用していなかったから。

・勉強の楽しさに目覚めたから。

 

就職を選んだ友人の考え。

・院に進学しても、企業に就職しても勉強する。どうせ勉強するなら、お金をもらえるほうが良いから。

・早めに就職して奨学金を返したいから。

・進学しても、勉強を生かせる企業が無いと思ったから。

・進学しても研究と関係ない企業に就職している人が多いから、進学にメリットを感じなかった。

・結局、院に進学しても就職するのだから、早いほうが良い。

 

 

理系は大学院進学と就職。それぞれのメリット

大学院進学のメリット

・専門性が高まる。

・研究職につける可能性が高まる。

・教授のコネで就職できることがある。

・気楽な学生生活を延長できる。

・就職する時に、学生よりも優先して推薦枠をもらえることがある。

 

大学院進学のデメリット

・そもそも院生を取らない企業には就職しにくい。

・景気が変わって、2年後の就職が出来なくなるかもしれない。

 

就職のメリット

・お金がもらえるまでの期間が短くなる。

・社会に早く出られるので、転職することになっても年齢がネックになりにくい。

 

就職のデメリット

・研究職に就けない。

 

まとめ

進学にしろ、就職にしろメリット、デメリットがあります。

大事なことは後悔しない選択をすることです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました