ワイシャツについた口紅の汚れを落とす方法

ワイシャツについた口紅の汚れを落とす方法と落としにくい原因等について今回はご紹介します。

化粧はそもそも着替えた後メイクします。その着替えた後は大体、化粧してしまい手が滑ったりして服についたりする可能性があります。

そうすると、急いで居たり時間がないと中々落ちないのが現状です。

そのため、諦めてクリーニング店等でシミ抜きしてもらったり水を含ませたタオル等で叩いて軽く取ったりするなどとして対策をするかと思います。

ですが大体それは時間のない時に行いますが、実は簡単に汚れを落とせる方法がありその方法とは、油を落とすものを使ってしみ抜きするという事だけです。

その理由としては、口紅の主成分にもよりますが大体は口紅は油分等で出来ています。

そうすると、中々水などでははじいてしまいまた、さらにそこから染み込んだりしてしまい汚れを落としにくくなっている可能性があるので、水やお湯で無理に落とさないように注意しましょう。

では、具体的にどのようにして落としていくのか。
まず、用意するものは台所用洗剤か中性洗剤そして普段使用しているクレンジングオイルのたった2つです。

では早速その口紅を落としてみましょう。まず、汚れたシャツをぬるま湯に漬けます。
そうすると、汚れたシャツは繊維までぬるま湯が行きわたりまたそこから普段利用しているクレンジングで良いので、少量で菅垂らしていきます。

そしたら、今度は歯ブラシなどの小さな磨ける物でいいので毛先の柔らかいブラシまたはそれが嫌なら不必要になった化粧品のブラシ等で良いので、それらを使いゆっくりとシャツについた汚れを軽く叩きこするように落としていきます。

そうすると少しずつですが汚れが浮いてきますので、焦らずテンポよく行うといいでしょう。また、主に繰り返す方法としてはクレンジングオイルをつける。
そしたら、揉み洗いをし台所用または中性洗剤をつけて揉みながら濯ぐというやり方で手順どおり行うと大体落ちて、その後通常通り洗濯すると大体は落ちたりします。
勿論、これだけではもし汚れが落ちなかったりした場合は出来るだけ早めにクリーニングに出し汚れを落としてもらいましょう。

そして、出来るだけこのときに使用するクレンジングはジェルクレンジングかオイルクレンジングにするといいと言われています。
元々ワイシャツは全体的に強い繊維で出来ているので、汚れが落ちないのは当たり前で基本的にはこういったシミ抜き方法は出来るだけ生地を傷めてしまう事があるので注意が必要です。

また、口紅などの厄介なシミはそのまま放置してしまうと当然ながら中々シミ抜きが出来なく、逆に家でやると繊維を傷めてしまい、輪シミになってしまうので出来るだけ自宅では早めに落とし、落ち切れなかった口紅などの汚れシミはクリーニング店等に早めに出してシミ処理してもらうといいでしょう。

そして、それでも落ちなくまたあまりにも放置していた口紅の汚れのついたシャツは早めに捨ててしまい、新品のを購入し今度こそもし何かあってもする対応できるようにミニボトル等にオイルクレンジングを入れ持ち歩き、もし誤って口紅の汚れがついても、対応できるので、ミニボトル等に入れてよくついてしまう場合は持ち歩いているといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする