フライパン、鍋の裏に付いた焦げを落とす方法。

まず焦げが付いてしまったフライパンや鍋にお湯をかけてうるかします。

そしてフライパンや鍋に付いている焦げの部分に重曹を振りかけます。

重曹を振りかけた部分をスポンジの硬い面の方でゴシゴシ擦りながら、焦げを落としていきます。

そして仕上げにキッチン用の固形石鹸か液体石鹸を使って洗えば、

焦げが完全に取れて綺麗になります。重曹は研磨剤として使えるので、フライパンや鍋に付いた焦げを落とすことが出来ます。

重曹を使ってもフライパンや鍋に付いた焦げが落ちない場合は、ステンレス製のたわしを使って擦り洗いをするしかないです。

でもテフロン加工されているフライパンには、なるべくステンレス製のたわしを使うとテフロン加工が取れてしまうので、なるべくステンレス製のたわしは使わないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする