靴下の汚れの原因と落とし方

靴下の汚れ、しっかり落とせていますか?

特に小さなお子様や、部活動をしているお子様がいらっしゃるご家庭、外回りが多い方、外で働いているご主人がいるご家庭など、靴下汚れに悩まれている方は多いのではないでしょうか。

洗濯後、いざ干そうとしたら全然汚れが落ちていない・・・というご経験はありませんか?

靴下の汚れの原因は?

まずは、汚れの原因を探っていきましょう。お子様の靴下汚れの主な原因は、砂や土による汚れです。これは水に溶けない不溶性の汚れです。そして、誰の足の裏からも出ている、汗と皮脂も、靴下汚れの大きな原因となります。

汗をかいているということは、靴下が水分を含んでいる状態です。濡れている靴下で、靴底や床に触れていると、どうなるでしょう。掃除の床拭きをイメージしていただければ、よくわかると思います。乾燥した状態の雑巾では、汚れがあまり取れませんが、水分を含ませた状態で拭くと、雑巾が黒くなります。

つまり汚れを吸収しているのです。その雑巾は、普通に水洗いをしても、真っ白には戻りませんよね。普通に洗濯しただけでは落ちないのはこのためです。

また、履いている靴の中敷きや、床が汚れている可能性もあります。チェックしてみてください。

どうすれば靴下の汚れは落ちる?

それでは、どうすれば汚れが落ちるのかをご紹介します。

多くの方が実践されていると思いますが、まずは「つけおき」です。

水やお湯をはったバケツや洗面器に、洗剤を多めに溶かします。汚れが酷い場合は、50度くらいのお湯にしてください。白靴下は一晩、柄物靴下は2~3時間を目安に、つけおきをしてください。つけおき後は、軽くもみ洗いをして、いつも通り洗濯してください。

つけおきの際、使用する洗剤は、洗浄成分が高濃度であればあるほど、汚れ落としに力を発揮します。

次に、土ボコリや砂の汚れだとわかっている場合は、まず1時間ほど風通しの良い場所で、乾燥させてください。次に、土や砂を叩いて落とします。次に洗濯洗剤を直塗りし、洗濯機に入れてください。洗剤を直接塗る際には、ごしごしこすらないでください。

汚れが中に浸透してしまいます。また、生地を傷める原因にもなりますので、気をつけるようにしてください。

次に、台所用洗剤を使うパターンです。台所用洗剤は、油の付いた食器も綺麗になりますよね。衣類の皮脂や油による汚れにも、効果的です。つけおきをし、軽くゆすいだ後、普通に洗濯してください。

意外なものとして挙げられるのが、洗顔フォームです。汚れているところに直接つけ、もみ洗いをしてください。その後、洗濯機に入れ普通に洗濯します。意外とよく落ちてびっくりします。

汚れが目立たない靴下を履くのも良い

「汚れが目立たない靴下を履く」という方法もあります。制服通いのお子様は、学校で白靴下と指定されている方も多いと思いますが、白靴下は、どうしても汚れが目立ちやすく、汚れやすいのが悩みです。実は、つま先と足の裏だけ、黒やグレーになっている靴下が販売されています。上靴や靴を履くと白靴下と見分けが付かないので、汚れが酷い方や、靴下洗いの手間を省きたい方におすすめです。汚れを落とすという考え方ではなく、最初から汚れが目立たない靴下を履くという考え方です。

いろいろな汚れ対策をご紹介しました。ご自分に合うものを是非試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする