浴室、浴槽の汚れ落としと掃除のコツとは

主婦の人も一人暮らしの男性も掃除をする機会はありますが、効率的に掃除をしたら楽にできます。また、正しいやり方を知る事はとても重要です。ここでは汚れを落とす時のコツをそれぞれの例を挙げてみていきましょう。

浴室、浴槽の汚れ落としと掃除のコツ

湯が冷める前に磨く事

バスタブに付着する汚れは皮脂や石鹸カス、水に入っているカルシウム成分などが主になります。これらは湯が冷めるにしたがい、こびりついていき落とす事が難しくなります。バスタブの汚れにおいては明日の朝にでも掃除するか、という考えは通用しません。

お風呂に入った後に湯を抜くついでに掃除をするのがベストです。湯が温かいうちなら洗剤を使う必要もありません。スポンジで軽く擦るだけでも綺麗にする事はできます。

水垢は、水の中のカルシウムとマグネシウムが蒸発することに白い化合物となってこびり付いたものです。この化合物はアルカリ性です。

このため、お風呂の洗剤やキッチンの洗剤のなかで、アルカリ性の洗剤では落とすことは出来ません。また、重層も同じくアルカリ性のため落とすことは出来ません。このような洗剤を使って無理に落そうとして、こすりすぎてしまいシンクなどを傷つけてしまいまうことが多いのでご注意ください。

水垢の汚れをとるにはお酢やクエン酸などが効果的です。お酢やクエン酸は酸性なので水垢を落とす性質があるからです。軽い水垢であればお酢でも十分に落ちます。

しかし効果はクエン酸のほうが高いです。お酢のにおいが嫌いな方でもクエン酸はありません。お酢のにおいが嫌という方にもこちらのほうがお勧めです。

ちなみにクエン酸は、ドラッグストアなどで粉末状のものが一袋350円〜500円程度で安価に販売されています。

これでクエン酸水を作ります。水200mlに対し、小匙1が目安です。
100円均一ショップで売っているスプレーなどに入れておくと使いやすいです。

浴室の天井汚れも忘れずに

浴室掃除はよくするのに天井まではしていない人もいます。しかし、汚れをそのままにしておくと、そのうちに黒カビが発生するようになります。お風呂に入るたびに胞子を吸い込んでしまう事になり、健康に害になります。

最低でも月に1度くらいは天井を見て汚れを確認するといいでしょう。うっすらと汚れている時が掃除をするタイミングとしてはいいです。湯かき棒のような長い棒に古タオルを巻きつけるようにして、洗剤液を染み込ませて拭き掃除をしましょう。

これでカビが生えてくる事を防ぐ事ができます。

紅茶を利用する!

紅茶のテイーバッグなら、そのままシンクや蛇口を拭きます。それは紅茶の中に含まれているタンニンという成分が、脂肪を分解させる作用があるので皮脂が取れてシンクや蛇口の汚れをきれいにします。鏡も面白いようにピカピカになります。ちょっと億劫な作業も、紅茶ティバッグだと簡単です。飲み終えた後の湿った状態で使用すれば面倒もなこともなく、後は捨てるだけですから手軽に掃除ができます。仕上げは、水拭きしましょう。

コーヒーカスを利用!

コーヒーカスはこぼれないように、不織布などの袋に入れて使用します。蛇口やステンレスなどの金属などの汚れ落としに、ぴったりです。コーヒーの油分が、金属の汚れを取ってピカピカにしてくれます。不織布で作られている市販のだしパックに入れると、破れにくいしですし面倒がなく捨てることもできます。蛇口とか、金属ポールなどに特に光沢が出ます。

ウーロン茶を利用!

ウーロン茶も、ウーロン茶ポリフェノールが油を分解する効能があります。それでシンクや蛇口がきれいになります。シンクや蛇口もきれいにしますが、窓ガラスなどもきれいにします。やり方としてはウーロン茶をペーパータオルや雑巾へ浸み込ませ、窓を拭くだけの作業です。余ったウーロン茶で結構です。期限が過ぎてしまって、飲むのにはためらわれるものを活用して清掃用に使用しましょう。

お酢を利用する!

お酢と水をお酢1に対してお水2の比率で割ったものを作って、スプレー容器などに入れておきます。これは除菌にもなるのでシンクも蛇口の汚れもピカピカに洗うことができるし、除菌にもなるのです。お風呂のバスタブは水垢が取りにくいものですが、この酢水でこすれば、酢に含まれる酢酸の力で水アカを溶かして落とすことができます。菌の活動を抑える抗菌作用もありますから、バスタブはきれいになると同時に除菌作用もあるのでとても重宝するでしょう。

ラップと果物の皮を利用!

ラップは一日に何枚も使用しますから、使用済みラップは、たくさん出できます。簡単に捨てるのももったいないですね。このラップが、シンクの汚れをきれいにするのに役立ちます。使い終わったラップをクルクルと丸めて、食べた後のレモンやオレンジなどの皮と一緒に手でもみ、果樹の液を出します。このかんきつ類の皮の成分が、汚れを取ってくれます。果樹の液を取り出してしまったら、その皮は取り除いて食器用洗剤をつけて泡立て、スポンジでシンクをこすり洗いをします。かんきつ類の皮の成分のために、シンクがピカピカになります。もっと手っ取り早いのは、このオレンジやレモンの残りの皮で直接シンクなどの汚れをこすったりしても、効果は同じです。蛇口なども、ピカピカになります。

歯磨き粉でシンク洗い!

歯磨きもクレンザーの役割を果たしますから、シンク汚れをよく取ってくれます。期限切れのものや、歯磨きとして味が気に入らないものなどを使用するといいでしょう。カップなどの汚れを洗浄できます。

シャンプーでバスタブの皮脂洗いに利用!

シャンプーというと、髪を洗うということにしか浮かびませんが、シャンプーには界面活性剤が入っているのでバスタブに付着している皮脂を取リ除いてくれます。使い方はお風呂用洗剤のように使用するだけ。スポンジにシャンプーを取りバスタブをこすって汚れを落とし、後は水洗いをするだけです。

水垢がなかなか取れないことはありませんか。
お風呂の鏡や、蛇口、キッチンのシンクの水垢を取る方法を説明します。

水垢は、水の中のカルシウムとマグネシウムが蒸発することに白い化合物となってこびり付いたものです。この化合物はアルカリ性です。このため、お風呂の洗剤やキッチンの洗剤のなかで、アルカリ性の洗剤では落とすことは出来ません。また、重層も同じくアルカリ性のため落とすことは出来ません。このような洗剤を使って無理に落そうとして、こすりすぎてしまいシンクなどを傷つけてしまいまうことが多いのでご注意ください。

水垢の汚れをとるにはお酢やクエン酸などが効果的です。お酢やクエン酸は酸性なので水垢を落とす性質があるからです。軽い水垢であればお酢でも十分に落ちます。

しかし効果はクエン酸のほうが高いです。お酢のにおいが嫌いな方でもクエン酸はありません。お酢のにおいが嫌という方にもこちらのほうがお勧めです。

ちなみにクエン酸は、ドラッグストアなどで粉末状のものが一袋350円〜500円程度で安価に販売されています。

これでクエン酸水を作ります。水200mlに対し、小匙1が目安です。
100円均一ショップで売っているスプレーなどに入れておくと使いやすいです。

蛇口やシンクでは水垢の気になるところをスプレーします。コップのときと同様にクエン酸で水垢を溶かすことが大事なので、キッチンペーパーなどでクエン酸がついている状態を30分ほどキープすると、その後拭き取るときに水垢が簡単に取れます。これも水垢の程度に応じて、クエン酸水の量と時間を判断してください。量が多すぎたり、時間が長すぎたりしても特に問題はありません。もし頑固な汚れの場合、布ではなくタワシや歯ブラシをつかって軽くこすることで落とすことができます。

鏡も同じように、ペーパータオルなどにスプレーしてしばらく貼り付けておくのが良いです。
20〜30分くらいしてから拭き取ればぴかぴかの鏡になります。

コップについた水垢は、程度にもよりますが、20分程度クエン酸水に漬け置きます。その後、拭き取ることで楽に落すことが出来ます。クエン酸自体が粉をふくことがあるのでしっかり拭きましょう。

加湿器に水垢が溜まってしまう場合があります。特に沸騰させるタイプの加湿器では白い化合物が堆積してしまう場合があります。この場合はクエン酸水を濃くします。
水100mlに対して大匙1程度が目安です。堆積した化合物やタンクにこびりついた化合物を歯ブラシなどを使ってとります。

クエン酸やお酢は食べ物に使うぐらいのものなので、それほど酸性は強くありません。
ホームセンターに行くと水垢専用の洗剤が売っていたりします。しかし、購入者の口コミや評判を調べてみると、クエン酸に比べてそれほど効果があるわけではないようです。

上記のやり方で普段から掃除を行うことで十分効果はあります。
もし重度の水垢ならば、ホームクリーニングの業者に頼むというのもひとつの手段です。

風呂釜に付いた石鹸カスを落とす方法は、とても簡単です。

石鹸カスが付いている部分にキッチン用のスポンジに重曹と液体石鹸を混ぜたもの付けて、ゴシゴシ洗えば綺麗に石鹸カスを落とすことが出来ます。

研磨効果のある重曹と油汚れを落とす効果のある液体石鹸を合わせれば、2倍の効果がある強力なお掃除用洗剤になります。

お風呂に1度入っただけでも石鹸カスが少し付いてしまうので、お風呂に1度入ったら必ずお掃除するようにすると良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする