育ちが悪い人の特徴! 良い人との違いは?

しばらく前から、婚活を始めているのですが、どうも結果が芳しくありません。

自分はどうも、ガサツ、雑、配慮が無い、と言われることが多いので、そういう育ちの悪さのようなものが相手に伝わってしまっているのかなぁ・・・

と思いまして、「育ちの悪さ」を感じさせてしまう人の特徴について調べてみました。

育ちの悪い人の特徴

店員への態度、言葉遣いが荒い、使う言葉や話題が下品、

  • 店員に対する態度が横柄
  • 相手のことを『お前』、ほかにも『~だろ』など、相手を下に見るような言葉
  • 「うんこ」などの幼稚で下品な言葉
  • 他人の噂や悪口

を使うと印象が悪いです。

箸の持ち方、食べ方がおかしい

  • 箸の持ち方がおかしい
  • 食べるときに音を立てる
  • 魚の食べ方が汚い

などは育ちの悪い印象を与えてしまいます。

声、動作の音がやけに大きい

  • しゃべるときの声、くしゃみの音
  • ドアを閉める音
  • キーボードをたたく音

など、いちいち音が大きいと育ちの悪い印象を与えてしまいます。

ルールを無視、ゴミのポイ捨て、唾、痰を吐く

  • ゴミのポイ捨て
  • 道路に唾、痰を吐く
といった、「人が見ていないところではルールを無視する」態度は育ちが悪い印象を与えてしまいます。

姿勢が悪い、貧乏ゆすり、身なりが汚い

  • 猫背
  • 貧乏ゆすり
  • 身なりが汚い
などの姿勢の悪さ、身なりの汚さは育ちの悪さの印象を与えてしまいます。

育ちが良い人との違いは?

育ちが良い人との違いについて、細かく語るときりが無いのでザックリとまとめると、

品さがあるかないかの違い」と言えます。

一般的に上品な人は

  • 言葉遣いも丁寧
  • 身なりも小奇麗
  • 優しそう

なイメージがありますよね。

その「上品な人」になった気持ちで行動すれば、自然と育ちがよさそうに見えるはずです。

さて、自分の場合は

さて、自分で育ちが悪い人の特徴を書いてみましたが、自分の場合は

言葉遣い、身なりに自信がありません。

言葉遣いは気を付けているつもりでも、ついポロっと出てしまいますし、

服のシワとかも気にしないことが多い(というか気づかない)ので、そのあたりが育ちが悪い印象を与えてしまっているのかもしれません。

少しずつですが気を付けるしかないですねぇ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする