結婚式のご祝儀って、友人、親戚、得意先の場合はいくらが相場? 欠席する場合は?

はじめに

結婚式で招待されたら必要なご祝儀。

式場の格式や、新郎新婦との関係、ご祝儀を包む側の地位や年齢、地域や習わしによってもさまざまです。

友達の場合、親戚の場合、仕事先のお得意様の場合など、間柄によっても相場が異なります。

以下に一般的な「ご祝儀の相場」について述べていきたいと思います。

友人の場合のご祝儀の相場

  • 友人知人         2~3万円
  • 会社の先輩や同僚  2~3万円
  • 会社の後輩           3万円
  • 会社の部下          3~5万円

友人の結婚式に招待された場合、あなたの年齢にもよりますが、2万円、もしくは3万円が相場といわれています。

昔は、偶数は割り切れてしまうため、縁起が悪いとされてきました。しかし、最近は「2」=「夫婦」「ペア」と考えられるようになり、2万円を包むケースもあります。

ただし、縁起を担ぐ新郎新婦もいらっしゃるので、 2万円を包む場合は、1万円札と5千円札2枚とし、枚数を奇数にするのが良いでしょう。

親戚や親類の場合のご祝儀の相場

  • ・いとこなど            3万円
  • 甥・姪など           5~10万円
  • その他親族          3~5万円
  • 兄弟や姉妹          5~10万円

親戚の場合には友人より少し相場も高くなることが多いようです。

ちなみに、夫婦で出席する場合も多いかと思いますが、その際は、一人ずつご祝儀を贈るのではなく、ふたり分をまとめて贈ります。

仕事のお得意先の場合のご祝儀の相場

  • 仕事のお得意様   3~5万円

一般的には、友達同士よりは高いく、親類と同等か少し低いくらいが相場となっています。

自分が贈ったご祝儀が、他の人より少なかったら、その後、仕事上の関係が若干ぎくしゃくしてしまうこともあるかもしれません。

ですから、お得意先へのご祝儀はできるだけケチらずにしておけば、後々、自分の「利益」としてかえってくるかもしれませんね。

悩んだら仲間と相談して決めよう

「いくらぐらい包んだらいいのか?」と、悩ましいご祝儀ですが、判断がつかない場合、同じ披露宴に出席される親しいゲスト仲間に聞いてみることです。

友達同士なら話して決める事ができますし、事前に打ち合わせもできます。

また、その仲間が結婚したときにも、その金額がひとつの目安になるので、後々も同じご祝儀を包めます。

披露宴が無い、披露宴を欠席する場合のご祝儀の相場は?

一般的に披露宴が無い場合や、欠席の相場は「1万円」と言われています。

相場通りの1万円でも間違いではありませんが、先に頂いているなら、同額が礼儀ではないかと思っています。

(過去に3万円頂いているなら、こちらも3万出すべきということです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする