ものもらいを何度も繰り返してしまう原因、自力で早く治す方法とは?

以前は、ものもらいを繰り返していましたが最近、ものもらいの原因を知ってから、繰り返さなくなりました。

ものもらいを繰り返してしまう原因と、自力で早く治す方法をまとめました。

 

 

 

ものもらいを何度も繰り返してしまう原因

地域によって

  • めばちこ:近畿地方
  • めっぱ:北海道
  • めもらい:九州、北陸

などの方言がある「ものもらい」ですが、実はものもらいには二種類の原因があります。

 

  • まつげの根元にあるマイボーム腺に脂肪がつまることによる「霰粒腫」
  • 分泌腺や毛穴で雑菌が繁殖することによる「麦粒腫」

いずれも瞼の上が腫れてしまう病気ですが、そもそもの原因が異なります。

(二つのものもらいが併発することもあります。)

 

 

「霰粒腫」の場合は「脂肪がつまること」ですので、体質による原因が大きいです。

なお、症状としては

  • まぶたにドーム状のしこりができる
  • 熱や痛みがなく、外から触れるとコリコリして、固い
  • 1週間以上たっても腫れが引かない

というのが代表的です。

脂肪が詰まってしまうことが原因ですので、

 

 

反対に「麦粒腫」の場合は雑菌の繁殖ですので、免疫の低下、汚い手で目をいじったなどの原因が大きいです。

症状としては

  • 全体的な腫れ(赤み、痛み)がある
  • 目やにが出る

などが代表的です。

 

 

自力で早く治す方法とは

霰粒腫でも麦粒腫でも、どちらにも有効なのが「まぶたの洗浄」

です。

 

洗うことで、雑菌や脂肪を流して清潔な状態を保てます。

 

特に女性の場合は、アイメイクで汚れが溜まりがちですので、しっかりと落としましょう。

 

雑菌が原因の麦粒腫を早く治す方法

雑菌が原因の麦粒腫の場合は市販のものもらい目薬を使用するのが良いです。

沢山の種類があるので、自分のものもらいの症状に合わせて目薬を選ぶと良いでしょう。

かなり治りが早くなります。

 

なお、一度開封して、しばらく使用していなかった目薬は使わないようにしてください。

効能が切れている(まれに悪化する)場合が多いため、目薬は都度買うのが良いです。

 

また、腫れを隠すために眼帯を付けますが、眼帯が不衛生ですと一向にものもらいは治りません。

眼帯が衛生的か確認しましょう。場合によっては眼帯を付けないほうが早く治るケースもあります。

 

また汚れた手指やタオルなどで目をこすらないようにしましょう。前髪が目にかからないようにするのも有効です。

あとは使いまわさず、清潔なコンタクトレンズを使用しましょう。

 

なお、体調不良などで免疫が低下しているのが原因ですので、

  • ビタミンCを多くとる
  • 睡眠時間を長くする

のが効果的です。

 

 

霰粒腫の場合は、脂肪が原因ですので

洗浄はもちろん、さらに目元を温めるのが良いです。

目元を温めることで、脂肪をやわらかくして詰まりを解消させます。

ホットタオルで温める、あるいは発熱するタイプのアイマスクなどを使用するのが良いでしょう。

ものもらいを繰り返す原因と早く治す方法のまとめ

  • ものもらいには脂肪がつまることで起きる霰粒腫、雑菌などによる麦粒腫がある。
  • どちらも洗顔が有効
  • 麦粒腫を早く治すには
    • 目薬
    • 清潔な眼帯、あるいはあえて眼帯を付けない
    • 汚い手でこすらない。前髪を目に掛けない
    • 清潔なコンタクトレンズを使用する
    • ビタミンC
    • 十分な睡眠
  • 霰粒腫を直すには目元を温めることが大事